コラム

2014.01.07

第6回 朝鮮半島と日本列島

株式会社カセダ 加世田光義

講談社現代新書「食文化の中の日本と朝鮮」(チョン・デ・ソン著)の中で興味のある記事を紹介したいと思います。

現在日本では竈が無くなりつつあります。釜のような鉄製の容器のことを朝鮮語でカマ、もしくはとカマソッ呼びます。ご飯を炊く道具の容器の呼称は朝鮮語と日本語が同じです。

2013.11.30

第5回 おおたオープンファクトリー顛末記

信弘電材株式会社 岸信之

天気が良ければ、10月26日にはおおたオープンファクトリーが開催されていました。

台風27号により10月24日の午前中に中止の連絡。

当社は、今年から地元の先輩・伊和起ゲージ・広瀬社長の命令により参加することになりました。

詳しくはhttp://www.comp.tmu.ac.jp/ssm/mono/openfactory.html をご参照ください。

2013.08.14

第4回 我が家の次男坊?

㈲ 精栄工業 東條基昭

4年前、我が家に迎えた生後2ケ月半のトイプードル(雄)、名前はマッシュについて話したいと思います。

迎えた当初は、トイレが出来ず、部屋一面にトイレシートを敷きしめた状態でした。

どうしたら1ヶ所で出来る様になるのか、又どういう風に教えたら良いのかと困り果てた末、ドッグトレーナーに来てもらう事にしました。

2013.08.14

第3回 山形大学訪問

株式会社東京木川鋳造所 小澤剛典

平成25年7月5日と6日にかけて山形大学を訪問した。

目的は、産学医工連携で我々異業種交流グループの企業連合が、新しい学問や大学の現在進めている研究を知り、開発に繋げたいとの思いからである。

2013.06.01

第2回 アンパンマンの詩

東洋マシナリー 鈴木志郎

五月晴れの連休、孫が久方ぶりに顔を出してくれた。

“アンパンマンに会いに行きたい”と言う。

アンパンマンは環八添いの住宅展示場にいた。

身の丈8mを超すバルーンのアンパンマン、凡そ2時間アンパンマンの歌を聞きながら孫と戯れた、楽しかった。

そしてその歌が耳から離れなくなり、その日は、1日中耳の奥で流れていた。その歌詞の一部は、こんな感じでした。

2013.04.30

第1回 「いすみ鉄道をブランド化」の講演を聞いて

 東京中小企業家同友会 2013板橋支部総会記念講演「いすみ鉄道をブランド化」

日時 平成25年 4月15日
講 師 ㈱いすみ鉄道 代表取締役 鳥塚とりづか 亮あきら 氏
<講 演>
いすみ鉄道は国鉄木原線を引き継いだ鉄道であるが、営業係数(100円の収入をあげるのに必要な経費)は全国屈指(2,700円前後)に悪い路線であった(当時、最悪路線は北海道の美幸線(営業計数3,000円程度)で、ローカル線は国のお荷物であった。
鉄道には、鉄道の輸送使命があり(中、短距離輸送)お荷物路線を切り捨てるのは何か違うと感じていた。
Copyright (C)  Joint-92 OTA City Cross Industory Associlation 1992 All Rights Reserved.