コラム

2015.03.15

第12回 日本酒の予備知識

株式会社カセダ 加世田光義

みなさんもお酒については かなりの知識を持っておられると思います。

お酒の中で日本酒はなじみのお酒と思います。このごろは冷酒で飲む場合が多くなりました。しかし 燗酒も今の時期は暖まります。但し飲み過ぎにはご注意です。

 この燗酒について だいたいが 常温、人肌、ぬる燗、熱燗ぐらいでの指定になります。

これが温度により呼び名がある事を知りました。
5℃ : 雪冷え
10℃: 花冷え
15℃: 涼冷え
常温 : 冷や
30℃: 日向燗
35℃: 人肌燗
40℃: ぬる燗
45℃: 上燗
50℃: 熱燗
55℃以上:飛び切り燗
温める事でより美味しくなるお酒を「燗上がりする酒」と言いますが 温めると味が開き、甘み、うまみなど お酒の隠れた味や表情が表れてくるようになります。また、アルコールの吸収が早くなり、胃腸に優しいとも言われています。
とは言っても飲み過ぎは(どの程度が飲み過ぎかわかりませんが)よろしくないというこですので皆様も飲み過ぎにはご注意ください。
Copyright (C)  Joint-92 OTA City Cross Industory Associlation 1992 All Rights Reserved.