• ホーム
  • 新着ニュース
  • 第24期の活動報告の振り返り・第25期活動報告を追加しました。 コラムの掲載をスタートしました。 第1回は、さわやか信用金庫 小泉 雄司様『「いすみ鉄道をブラン化」を聞いて』

新着ニュース

2013.04.30

第24期の活動報告の振り返り・第25期活動報告を追加しました。 コラムの掲載をスタートしました。 第1回は、さわやか信用金庫 小泉 雄司様『「いすみ鉄道をブラン化」を聞いて』

第24期(平成27年度)活動報告

1.産学医工連携で、新製品の開発に努力する。

【大田区異業種グループ案内書】が完成しているので、大いに活用し大学および他企業にアピールしていきたい。
例:首都大学東京、東京工業大学、東邦大学医学部、大森労災病院等

(株)東邦精機製作所が慶應義塾大学と連携し、自重補償装置理論に基づいた遮断機を製作されました。
その装置が今回大田区中小企業新製品コンクールに於いて奨励賞に輝きました。
今後のさらなるご活躍を期待します。

2.Joint-92のホームページの刷新をする。

情報交換の場所として、ホームページを活用し企業同士、または行政との関係を深める。

数年来の懸案であったホームページが新しく出来ました。
これからの大田区の発展をイメージするものとして海外への窓口となった羽田空港をトップページに持ってきました。
各社の特徴的な製品を載せ、さらにコメントも入れてもらい、ジョイントの仲間たちの日々生産している物がどのようなものか表現出来たと思います。
また月々の幹事会や定例会の議事報告を掲載し、主だった行事を載せるようになりました。
ホームページの原型ができたので今後どう進めていくか討論しましょう。

3.新規会員を募集し活動範囲を広げる。

第25期(平成28年度)活動報告

1.産学医工連携を発展させる。

昨年度、連絡会代表幹事の岡内様より山形大学の4人の先生方を紹介していただきました。
大田区産業展にも見学に来られ親睦を深めました。
今期は先生方の想いを受け取り、お互いに共通の方向性を見出す努力をして関係を深めてゆき、
JOINT-92側も山形大学を訪問するなどして、より具体的な行動に移して行きたいと思います。

連絡会会長、岡内様より山形大学に声をかけてもらい、遠藤先生を中心にした先生方の研究の紹介をしてもらいました。山形大学の他の研究室の内容も知りたいので、訪問を計画しました。
7/5,6の訪問の日程で、他の異業種グループにも連絡を取り、参加を募った。
総勢11名の大学訪問となりました。今後の大学との連携の原形が出来たかと思います。

2.Joint-92のホームページを楽しいものにする。

ホームページのリニューアルが完了したので利用する方法を検討する。
現在は定例会、幹事会や主だった行事を掲載しています。これは今後も継続していきます。
本年度はさらに会員がそれぞれ一ヶ月を担当して、記事を書いていただくことにします。
内容は各社の今年の経営方針、会員の趣味、新製品の紹介、など自由なものとします。
少しずつホームページに触れる機会を多くして皆さんの考えが感じ取れるようなものにしていきたいと思います。

ホームページが新しく出来たので各員各位が身近なものして活用できるようにしたいと思い、手始めに毎月各員の誰かがコラムに投稿するようにしました。色々な意見や感想等を書き込んでもらいました。会のみんながホームページにふれる機会が少しでも多くなればと計画しました。大体成功したのではないかと思います。

3.新規会員を募集する。

JOINT-92のホームページが親しみやすく、グループの活動が具体的にわかるような内容になると、
入会に興味がわくかもしれません。
新しいホームページを大いに活用したいと思います。

ものづくり応援隊  村上さん
サンワ工業(株)    笹野さん
㈱アイテクノス   三田さん が新会員になりました。

コラムの掲載をスタート

ホームページに「コラム」の掲載をスタートしました。

会員の日常や経験したことを「コラム」で紹介します。

第1回は、さわやか信用金庫 小泉 雄司様『「いすみ鉄道をブラン化」を聞いて』です。

⇒こちら

【事務局】

〒144-0044
東京都大田区本羽田2-12-1-504

(担当:加世田 光義)

 コラム

Joint-92会員のコラムです。

コラムを募集中です!

Copyright (C)  Joint-92 OTA City Cross Industory Associlation 1992 All Rights Reserved.